保育学科

カリキュラム&教員紹介

カリキュラム紹介

基礎理論と実践技術の両面から、子どもの心の理解と発達過程に応じた保育を学びます。
2年次からは自分が伸ばしたい分野のコースが選択でき、社会や職場で即戦力となる得意分野の確立を目指します。

 
  1年次
1限
9:00~10:30
教育制度論 ピアノ弾き歌い 保育実習
指導ⅠA
保育現場で
活きる心理学
(デュアル教育)
保育者論
2限
10:40~12:10
子どもの保健 子ども
家庭支援の
心理学
日本国憲法 教育原理 保育の
心理学Ⅰ
昼休み
3限
13:00~14:30
英語Ⅰ 乳児保育Ⅰ 心理学 造形表現Ⅰ 生物学
4限
14:40~16:10
保育内容
総論Ⅰ
子ども
家庭福祉
おだたん
人間成長講座Ⅰ
基礎学力
演習Ⅰ
経済学
5限
16:20~17:50
音楽表現Ⅰ   多目的アワー 健康・
スポーツ実技
 
 

心理コース選択の場合

2年次
1限
9:00~10:30
環境指導法 保育実習
指導Ⅱ
ゼミナール
(心理学)
教育社会学 教育相談
2限
10:40~12:10
言葉指導法 児童文学 保育の
心理学Ⅱ
保育教職
実践演習
昼休み
3限
13:00~14:30
人間関係
指導法
生活実践Ⅱ
(子どもの
発達と遊び)
  相談援助  
4限
14:40~16:10
生活実践
(心理学)
家庭支援論 おだたん人間
成長講座Ⅱ
こどもの
食と栄養Ⅱ
 
5限
16:20~17:50
      職業と社会Ⅱ  

Pick Up 授業

造形表現Ⅰ

造形あそびを通して自分の感性を高め、柔軟な思考を養います。

子どもたちは遊びを通して色々なことを学びます。造形の遊びでは全身を使って表現し、人間らしい知識や心を獲得します。そんな子どもたちの斬新な発想や創造的な思考を理解するには、保育者となる私たちがそれに同調できるアンテナを持っていなければなりません。
この授業では絵の具やクレヨンなどの平面素材を中心に扱い、保育現場で活かせる実践力を養います。幼かった頃、自分の気持ちのおもむくまま表現できていた頃を思い出しながら新鮮な気持ちで臨んでください。

音楽表現

オルフやリトミックの教育方法をもとに、リズムやさまざまな楽器、音楽的要素を用いた表現遊びを学びます。
歌唱、演奏する楽器の音を通して、身体を動かしながらリズム感を身につけます。

身につく力
発声や楽器演奏の技術を身につけさまざまな音楽遊びの展開ができるようになります

言語表現

子どもたちを前に演じることを想定し、絵本、紙芝居、ストーリーテリングに焦点をあてて演習を行います。人形劇にも触れます。子どもの言語発達に関わる保育文化財について、比較研究や演習を行いながら、保育現場で活かせる知識や技術を身につけます。

身につく力
子どもの言語活動を豊かに展開する力が身につきます

家庭支援論

「子育ての機能」が低下している現状や変化、社会的背景、関連分野の実践、法体系、子育て支援サービスについて学習します。社会における家庭支援の重要さを学び、乳幼児・親を含めた家族が、保育士の関わる保育の対象であることの理解を深めます。

身につく力
家庭の意義や機能、子育て支援体制を理解し、実践する力が身につきます

サービスラーニング

専門知識をもつ保育者をテーマに、ゼミ単位で追究します。フィールドワークを多く取り入れ、実践的に学びます。学問的な知識・技能を、地域社会と連携した社会的活動に生かすことを通して、社会的役割を感じ取ってもらうことを目的としています。

身につく力
専門知識と課題解決に向けた実践力が身につきます

表現実践 -食育と調理-

本学の特色を活かし、食物栄養学科の先生の指導で進めます。子どもの食と栄養を考え、実践していく力を育みます。幼児の発達段階や理解に応じた栄養・健康についての正しい知識や技術について、実践的な指導力を身につけます。

身につく力
保育者としての視野を広げ仕事の幅を広げる素養を身につけます