大学案内

小田原短期大学3つの特長

たくさんの出会い

上原 遥香さん(2018年度卒業)ぎんがむら保育園しろやま 勤務(保育士)

おだたんの授業から
つながった就職先で

子どもたちが安心して
成長できる保育がしたい。

現在の就職先を選んだ理由を教えてください
職場とのはじめての出会いは、在学中の授業のボランティアでお世話になったときでした。保育園で1日お手伝いをしたり、ぎんがむら主催のイベントに参加する中で、親子に寄り添う先生方の温かい雰囲気に惹かれて、ここでみなさんと一緒に保育がしたいと思いました。現在は1歳児担当のリーダーとして、一人ひとりの成長サポートのために頑張っています。まわりの先生方の素敵なところを盗んでもっと自分のスキルを上げていき、子どもたちが安心して成長できるような保育をしていきたいです。
今でもおだたんとの「つながり」はありますか?
おだたんでできた友だちとは今でも集まるような仲で、とても大切な存在です。
夢に向かって一緒に勉強して助け合ってきましたし、同じ保育者として理解し合える話も多いです。休みの日に買い物を楽しんだり、美味しいものを食べたりする時間はいい息抜きになっています。おだたんの先生方には、今でもお世話になっています。
職場が学校に近いこともあり、近況報告や相談をしに遊びに行ったり、オープンキャンパスのお手伝いをすることもあります。

Pick up!

卒業後もつながるおだたん

おだたんの卒業生が、地域の保育現場にいらっしゃるので、とても安心感があります。
卒業後も、おだたんのアットホームさを感じます!

井上 まどかさん(2012年度卒業)高齢者福祉総合施設 バーデンライフ中川 勤務(管理栄養士)

在学中の学びや
卒業後も続くサポートで
管理栄養士になる夢を実現!

今でもおだたんとの「つながり」はありますか?
入学式の日に最初に声をかけてくれた親友とバンド部の仲間とは、今でも連絡を取り合っています。2年間常に一緒にいた親友とも、毎日遅くまで練習したバンド仲間とも、たくさん大切な思い出があります。学校とのつながりでいうと、転職の相談でゼミの先生にお世話になりました。
また管理栄養士になるためのキャリアアップセミナーに参加して、先輩方に管理栄養士試験の勉強方法などを相談させていただきました。キャリアや年齢関係なく、おだたんの先生や先輩は話しやすいです。
就職後の出会いで印象に残っていることを教えてください
管理栄養士の資格取得後、病院に勤めていたときに出会った先輩に「自分を守ってくれるのは知識だからね」と言われたことがあります。
管理栄養士は各施設に1人体制のことが多いです。同じ目線で相談できる相手がいないので、自分がしっかり知識と意思を持っていないと他職種の方と対等に話し合ったり意見を聞いてもらったりするのが難しくなってしまいます。
だからこそ、先輩からの言葉がとても印象に残り、働く上でのスローガンになっています。

Pick up!

卒業後もつながるおだたん

在学中の私の写真を先生からいただいて懐かしさにびっくり!
この時と変わらず卒業後も先生とつながれるのもおだたんの魅力!