就職サポート・実績

卒業生紹介

Graduates Voice! 活躍中の卒業生の声

おだたんで夢を叶え現場で
活躍する卒業生のメッセージ

CASE.01

CASE.01

子どもの気持ちに深く
寄り添える保育者になりたい
園の雰囲気や職員のみなさんの温かさに魅力を感じてこの園への就職を決めました。現在は3歳児の担任をしています。成長を目の当たりにしたり、子どもの笑顔が見られたりしたとき、保育者になって良かったと感じます。

[保育士]
認定こども園 大野幼稚園

2020年度卒業 遠藤 凛さん
(沼津市立沼津高等学校 出身)

CASE.02

CASE.02

おだたんで学んだ
「人とのつながり」
生まれ育った熱海市が好きで、これからの熱海市を担う子どもたちや熱海で働いている方々の役に立ちたいと思い、就職を決めました。おだたんでは「人とのつながり」の大切さを学ぶことができたと思います。実習や就職について先輩に話を聞けたり、先生方と距離が近く相談しやすい環境だったりと、悩んだときには自ら相談するという姿勢がおだたんで身につきました。

[幼稚園教諭]
熱海市立多賀幼稚園

2020年度卒業 鈴木 佐織さん
(私立沼津中央高等学校 出身)

CASE.03

CASE.03

子どもや先生方に喜んでもらえる
メニューを増やしていきたい
保育園で栄養士業務を担当しています。新しいメニューを子どもや先生に「また作って!」と言われたときや、空っぽの食器を見たときがやりがいを感じる瞬間です。これからも、どんどん新しいメニューを提供できるよう、レパートリーを増やしていきたいと思います。給食現場では毎日食材を大量に切るので、おだたんのときに資格取得した「切菜検定」が役に立っています。

[栄養士]
にこにこ保育園

2018年度卒業 梶山 遥奈さん
(神奈川県立足柄高等学校 出身)
2020年度卒業 加藤 莉奈さん
(神奈川県立伊志田高等学校 出身)

CASE.04

CASE.04

コミュニケーションの
大切さを実感
社員食堂や給食を提供する会社で、調理作業や献立作成などを担当しています。社員寮では自身で食事を提供することもあるので、お客様の感想をダイレクトに聞くことができ、「おいしい」と言ってもらえたときや残さず食べてもらえたときはうれしいです。職場には様々な年代の方がいますし、応援で向かう現場では初めて会う方と一緒に働くこともあるので、積極的にコミュニケーションを取ることを大切にしています。

[栄養士]
一冨士フードサービス

2020年度卒業 野木沼 瑶美さん
(静岡県立松崎高等学校 出身)