HOME学科紹介食物栄養学科

食物栄養学科【女子】 つくる、食べる、健康になる。調理知識と技術をしっかりと持つ栄養士を育成。

「食」と「食と健康の関係」に興味がある人にぴったりの学科。
栄養・食品・調理・給食に関する豊富な実験・実習を通して、食と健康に関するさまざまな知識と技術を習得。
2年間で、栄養士、栄養教諭、健康管理士一般指導員、社会福祉主事の4つの免許・資格取得が可能です。
生活習慣病やアレルギー、ダイエットなど、食と健康に敏感な時代にますます求められる職業。栄養士免許をもって実務経験を積み管理栄養士を目指す場合にも、経済的なメリットがありおすすめです。また栄養だけではなく、調理に力を入れているのも特色です。

【学科の目標】4つの免許・資格取得で広がる活躍の分野

短大から管理栄養士に

スバリ!経済的
短大卒受験者には大きなメリットがあります!それは、大学3、4年の2年間分の授業料がいらない上、実務経験の3年間は栄養士として収入を得られるため、きわめて経済的という点です。

管理栄養士国家試験の受験者資格は、短期大学卒業後3年間の実務経験です。
つまり、卒業後、栄養士として3年間働けば、管理栄養士国家試験を受けることができます。

短大から管理栄養士に

※4年制大学で栄養士の免許を取得した人に比べると、受験は1年遅くなります。

在校生の声 専門知識・技術を活かして夢をかなえる。

自分自身や家族の健康に関心がある。食べることが好き。資格を将来に活かしたい…。目指す理由や卒業後の目標もさまざまですが、2年間で3つの資格取得を目指して積極的に挑戦しています。

栄養士を目指す

たくさんの人の健康に貢献できる
栄養士が目標!
おだたんのオープンキャンパスに参加して、「栄養士になりたい!」と強く思うように。
栄養士は、食を通じて人々を健康にできる仕事。おだたんでも学びを活かし、卒業後に管理栄養士を目指すことも考えています。

栄養教諭を目指す

食べることの大切さを
子どもたちに伝えます
アレルギーや食事情の問題などを少しでも解決できるように努めたい。
そして、食べることの大切さ、楽しさ、元気でいられるありがたさを、子どもたちに伝えていける、そんな栄養教諭になることが目標です。

健康管理士一般指導員を目指す

「食・栄養」の専門家として
健康をサポートしていきます
短大で学ぶうちに料理をする機会も増え、食事のバランスを考えるようになりました。子どもも大人も日常生活のなかで、さらに健康になれるよう、「食」を通してサポートしていきたいと考えています。

編入学・就職を目指す

おいしくて栄養のあるお弁当を
多くの人に届けたい
家業のお弁当店で栄養士として働くために勉強しています。幅広い年齢層に対応できる献立づくりの知識はもちろん、調理実習で技術面も高めるのが目標。毎日食べ続けても飽きないお弁当を届けます。

ページトップへ

【就職サポート】おだたんだからできる、きめ細やかなサポート!

1年次からしっかり就職活動の準備

1年次から自己発見プログラムや自己PRの書き方を学ぶほか、卒業生を招いて、就職についての体験談を聞く授業もあります。

個別の就職サポート

本学の就職支援の一番の特色は、学生一人ひとりの適性をしっかり把握しながら行う、個別の就職サポート。

採用筆記試験対策講座

公務員試験を受験する学生、一般企業をめざす学生のための筆記試験講座。
外部講師を招き、3日間の日程で実施しています。

進路ガイダンス

就職活動が始まる前に、就職希望の学生を対象に行う就職についてのガイダンスです。まず入学直後に本人の希望を聞き、2年間の就職サポートがスタートします。

就職実績

約8割は栄養士として就職しますが、民間企業に就職する卒業生もいます。

就職率100%
2015年3月卒業生
就職希望者による実績

就職希望者
栄養士
(病院、学校、保育園、企業等)
83%
企業 17%

ページトップへ

【学びのテーマ】カリキュラム、科目&ゼミナール紹介

健康

栄養
栄養素の働きを学んだうえで、生命と健康を守る食事の重要性を理解します。

関連科目:栄養学入門/栄養学/ライフステージ栄養学/臨床栄養学概論/生理学/生化学 など

食品
食品中の各種成分や食材の知識を学び、実験により検証します。

関連科目:食品学/食品学実験/家庭でできる食品加工 など

安全
食を介して起こる健康障害を防ぎ、人の生命と健康を守るための知識と技術を学びます。

関連科目:食品衛生学/公衆衛生学概論/臨床栄養学実習 など

給食
食事・栄養管理、安全・衛生管理をはじめ、フードサービスを含めた知識と技術を学びます。

関連科目:給食計画演習/給食実務演習/給食管理実習/栄養士基礎実習/栄養指導Ⅰ・Ⅱ など

調理
おいしさを科学的にとらえ、調理技術の向上に力を入れます。

関連科目:調理学/基礎調理実習Ⅰ・Ⅱ/応用調理実習/総合調理実習 など

少人数とグループワークで楽しみながらレベルアップ

栄養士や栄養教諭の免許・資格を取るためには、2年間で所定の科目の単位取得が必要です。
そのための時間割は過密ですが、実習を多く取り入れたカリキュラムで興味・関心を持って学んでいます。

1.栄養士資格取得に必要な栄養指導

消化と吸収、栄養素、エネルギー、カロリー計算といった、食物の摂取と栄養素の性質や体内での変化について、栄養学の基本を知り、食生活を指導する方法を勉強します。

カロリーやビタミン、
何気ない普段の食生活を考えるきっかけに。
栄養調査をして、食生活を指導する方法を学んだり、自分の健康管理にも役立ちます。

2.栄養教諭免許資格取得に必要な教育課程総論

偏食傾向や朝食欠食の増大など、子どもたちの食生活の乱れが深刻化する昨今。
発達や心理状態に即した適切な栄養指導ができるよう、指導方法を学び、実践力を養います。

仕事の現場で必ず役に立つ。
指導法が身につく科目です。
栄養教諭に不可欠な「栄養士校外実習」と「栄養教育実習」。
その現場でも活かしたい。

3.健康管理士一般指導員受験資格取得に必要な社会福祉概論

社会福祉の意味や概念を整理します。社会福祉の利用者や実践者の立場になって考えることで、社会福祉をより身近なものとして理解を深めることを目標にしています。

さまざまな福祉の領域理解することが
まずは大切だと知りました。
児童福祉、高齢者福祉、社会保険…自分に実は身近な問題であることを実感しました。

4.教養・社会全般にも必要なライフステージ栄養学

年齢というライフステージに応じた適切な栄養摂取を心がけることが必要です。また、スポーツ時やストレス下など、心身の変化に合わせた健康・栄養についても学びます。

「栄養」に良いものがときには悪くなる!?
年齢と常態で異なる栄養学。
健康には適度な栄養が大切。家族や自分の栄養について考えるきっかけになる科目です。

つくって、食べて、楽しく学べるゼミナールがたくさん!!

ゼミナールとは専門性の高いテーマを小人数で深く学ぶもの。講義とは違い双方向の学習形式で思考力や発表力を身につけます。専門学校と違う大学・短大独自の特徴的な学び。”学問”が楽しいと実感できる場です。

中村 弘行ゼミ

旅する食エッセイ
食文化と郷土料理とおいしさを求めて全国各地を歩く中村ゼミ。1泊2日で千葉県のチーズ工房や漁師料理店、ブルーベリー畑を見学したり、日帰りで富士宮焼きそば学会を訪ねるなど多彩でアクティブです。

内山 麻子ゼミ

野菜を食べよう、野菜を知ろう
「高齢者の一人暮らしの人に野菜をおいしく食べてもらう」などテーマを設けて、野菜料理の基本を学び、おいしく簡単にできるレシピ作りを目指します。実習を通して、仲間と共に成長していきます。

稲葉 佳代子ゼミ

食べることにハンディのある方の食事
稲葉ゼミでは、食べることが困難な方に向けた食事づくりがテーマ。そのなかで興味を持つ学生が多いのが「食物アレルギー」。命にも関わる問題だけに、栄養士をめざす学生にとっては大切なテーマです。

内田 由佳ゼミ

保育園での「食育講座」
ゼミテーマの「栄養指導」では「人の行動を変えること」が目標です。保育園児に食事の楽しさと大切さを伝える食育講座を実施し、幼児が好き嫌いなく食べるようなプログラムを開発&実践します。

卒業生のおだたんメッセージ

栄養士として箱根リハビリテーション病院に勤務 栄養課に所属しています。

新村 友梨さん
素敵な友だちや先生に出会えたことがおだたんで学んで一番よかったこと。卒業しても変わらずに仲良しです。
病院勤務なので、減塩するために出汁で美味しく工夫したり、感想を直に聞く機会もあって、やりがいを感じます。
自分の立てた献立が、すべて揃って、目の前で食べてもらうと、たくさんの人を相手に本当に大切な仕事をしているのだと実感。
もっと向上していきたいと思います。

新村 友梨さん

ページトップへ

初めて栄養分野に関心を持ったみなさんへ

栄養について学ぶとは?

皆さんは、普段の食生活の中でどの程度栄養を気にしているでしょうか。
「空腹が満たされれば良いからほとんど気にしていない」という人もいれば、「食事の栄養バランスはそれなりに気にしている」という人もいると思います。
ですが、普段の食生活では栄養をあまり気にしないという人でも、体調を崩した時には栄養バランスを気にせざるを得ないでしょう。我々の健康は、食生活と密接に結びついていると言っても過言ではありません。乳児や小中学生、入院中の患者、妊婦さん、高齢者、プロスポーツ選手など、バランスの良い食事を取ることが特に重要になる人々は決して少なくありません。
しかし、栄養については大半の人が「家庭科の授業で何となく習ったものの、詳しいことはよく分からない」のではないかと思います。
そこで、栄養に関する知識を持ったプロが求められることになります。食事の管理を通じて健全な発達や健康の維持を実現するのです。
このサイトを見ている人の中には、「自分は食べることが好きだから食に関わる仕事に就きたい、だから栄養士・栄養教諭になるんだ」と考えている人もいるかもしれませんね。もちろん「食べることが好き」という思いは重要ですが、栄養の仕事に携わるためにはそれだけでは十分ではありません。
栄養学はもちろん、人体科学(生理学や生化学)、公衆衛生、食品衛生、疾病予防など食と健康に関する様々な内容を網羅的に理解しておく必要があります。
栄養の仕事に就くために知っておくべきことは、挙げればキリがありません。栄養について学ぶということは単に栄養士免許や栄養教諭免許の取得を目指すことではなく、食と健康に対する見方・考え方を深めていくことに他ならないのです。
栄養について意欲的に学んで、食と健康の奥深さに触れてみませんか。

短大で栄養について学ぶとは?

短大で栄養について学ぶ場合、栄養に関する様々な内容を学習しつつ実習を行い栄養士免許や栄養教諭免許の取得を目指すのが一般的です。
栄養士として働くためには栄養士免許が必要となりますが、大学・短大・専門学校などの栄養士養成課程で所定の課程を修了すれば無試験で都道府県知事から免許証が交付されます。短大の場合は僅か2年間で実習をこなしつつ様々な内容を学習するため、忙しい学生生活を送ることになります。また、2年制の短大から管理栄養士を目指す場合は卒業後3年間の実務経験が必要となります(詳しくは後述します)。
一方、栄養教諭として働くためには栄養士免許に加え栄養教諭免許状(国家資格)が必要となります。
栄養教諭免許状には専修(大学院の学位)、1種(大学の学位)、2種(短大の学位)の3種類があり、大学院・大学・短大などの栄養教諭養成課程を修了することで栄養教諭免許状を取得することができます(この3種類は給与などの待遇で差が出ることはありますが、業務内容に大きな差はありません)。
短大の場合は、栄養士免許を取得したうえで教職科目を履修すれば栄養教諭第二種免許を取得することが可能ですが、やはり忙しい学生生活を送ることになります。
もっとも、短大の養成課程に入学した場合は2年で卒業して現場に出ることになるため、「できるだけ早く栄養士や栄養教諭として働いて実地経験を積みたい」と思っている人にとっては短大の養成課程がお薦めです。

栄養士・管理栄養士・栄養教諭の違いは?

ここまでの説明で「栄養士」「管理栄養士」「栄養教諭」という職業が出てきましたが、その違いについて補足しておきましょう。
栄養・食物のプロであるという点では栄養士と管理栄養士は同じですが、栄養士は主に健康な人々を対象に栄養指導・給食管理を行うのに対し、管理栄養士はそれに加え傷病者などを対象に個々の症状・体質を考慮した栄養指導や給食管理を行います。栄養士と比べてより専門的な栄養指導を行うことになるのです。そのため、養成課程を卒業したら免許を取得できる栄養士とは異なり、管理栄養士は国家試験に合格しないと免許を取得できません。
2年制短大の場合、管理栄養士免許国家試験を受験するためには卒業後3年以上の実務経験を積む必要があります。
中には、「それだったら最初から4年制の管理栄養士養成課程に行った方が得じゃないか!」と思う人もいるでしょう。また、実務経験ルートの場合は働きながら管理栄養士免許国家試験を目指すことになるので、決して楽な道のりではありません。
しかし、2年制の短大でも管理栄養士を目指せるということは、逆にメリットでもあります。「4年間分の授業料は払えない」「早く稼ぎたい」「実地経験を積みながら管理栄養士を目指したい」という人に対しても管理栄養士になる道が開かれている訳です。
また、「栄養教諭」は小中学校で給食の管理や栄養指導に携わる職業です。特に給食の場合アレルギー問題は生徒の生死に関わるため、栄養や健康に関する知識が求められるのです。

栄養についてどんなことを学ぶの?

前述の通り、栄養士や栄養教諭になるために学ぶべきことは多岐に渡ります。
1年次に栄養の基礎を学んだうえで、2年次にその学びを深め実践力を身につけるという流れになっています。
学習内容は、食や健康を理解するための理論と実際に献立を作成するための実践に大別されます。理論編では栄養学、公衆衛生、生理学、生化学、食品衛生学などについて学びます。実践編は調理実習や給食実習が中心になります。大量調理の特性などを学びつつ、献立作成と調理の技術を高めることを目指します。栄養士免許取得と栄養教諭免許取得の必修科目は重なるものが多いですが、栄養教諭免許を取得する場合は「栄養に係る教育に関する科目」と「教職に関する科目」を追加で履修することになります。
栄養士免許の取得には、病院・小学校・福祉施設・事業所のいずれかで1週間の学外実習を行うことが必要です。また、授業とは別に地域での食育活動やJA・企業と連携したコラボレーション企画も行われます。
「自分は料理があまり得意じゃないから実習が不安…」という不安を持っている人もいるかもしれませんが、入学後に基本的な内容から学ぶことができるので、きちんと実習についていけば必ず栄養士や栄養教諭の免許を取得できます。
諦めず、じっくり取り組んでみてください。

栄養を学ぶとどんな資格が取得できるの?

ここまで説明してきた通り、食物栄養学科に入学する人の大半は栄養士・栄養教諭の資格取得を目指します。
短大の食物栄養学科で学ぶと、栄養士免許と栄養教諭2種免許を両方取得することが可能です。
また、その他に健康管理士一般指導員や社会福祉主事任用資格といった資格を取得することもできます。

栄養の学びを活かした仕事とは?

「栄養の学びを活かした仕事」と言えば栄養士や栄養教諭ですが、その活躍フィールドは非常に幅広いです。
真っ先に思い浮かぶのは、病院・保育所・高齢者施設などの福祉施設でしょう。確かにこうした現場では栄養のプロが求められています。高齢化社会の進展や健康に対する意識の高まりに伴い、医療・福祉の現場では介護予防、治療食の工夫、利用者の立場を考えた食事作りへのサービス向上が求められています。
また、給食会社の栄養士として就職する人も多いです。栄養教諭の資格を取得した後に各学校の採用面接に合格すれば、栄養教諭として働くことができます。高い専門性が求められているため、管理栄養士を取得することで有利になり仕事の幅を広げる機会も増えていくことでしょう。
その他、食品メーカーや食品関連産業に就職する人もいれば、製造業・卸小売業に就職する人もいます。ビジネスの分野でも栄養関連のサービスを展開される企業が多くなったと言われており、栄養士のニーズは今後も高まっていくと考えられます。
このように栄養のプロに対する需要は高まりつつあり、いずれの進路を選ぶにしても短大の養成課程で身につけた食・栄養・健康に対する幅広い理解を役立てることができるでしょう。
なお、厚生労働省の調査によると栄養士の平均年収は34.7歳で約340万円となっています。職場による差もかなり大きいようです。

栄養士
  • 平均年齢 : 34.7歳
  • 勤続年数 : 7.1年
  • 労働時間 : 165時間/月
  • 超過労働 : 6時間/月
  • 月額給与 : 234,000円
  • 年間賞与 : 591,000円
  • 平均年収 : 3,399,000円

(出典:厚生労働省「平成25年度 賃金構造基本統計調査」)

ページトップへ

オープンキャンパス・資料請求のお申し込み、お問い合わせ先

【お問い合わせ 月~金 9:00~17:00】0465-22-0285

  • オープンキャンパス
  • 資料請求

オープンキャンパス

大学見学受付中

普段のキャンパスをご覧になりたい方は平日の大学を見学に来てください。事前にご連絡いただければ、入試係がご案内いたします。

実施時間:平日AM9:00~PM5:00

0465-22-0285

おだたんムービー