保育学科

カリキュラム&教員紹介

カリキュラム紹介

基礎理論と実践技術の両面から、子どもの心の理解と発達過程に応じた保育を学びます。
2年次からは6コースに分かれ、社会や職場で即戦力となる得意分野の確立を目指します。

 
  1年次
1限
9:00~10:30
実習指導 環境指導法   言葉指導法 社会的養護内容
2限
10:40~12:10
基礎学力演習Ⅱ 身体表現Ⅰ   言語表現 音楽表現ⅠB
3限
13:00~14:30
保育原理 情報処理論 子どもの保健ⅠB 英語Ⅰ 障害児保育Ⅰ
4限
14:40~16:10
  保育課程論 おだたん
人間成長講座Ⅰ
健康スポーツ 造形表現Ⅱ
5限
16:20~17:50
  社会福祉   乳児保育Ⅰ 表現指導法
 

音楽コース選択の場合

2年次
1限
9:00~10:30
実習指導 家庭支援論   表現総合演習
(音楽)
保育・教職
実践演習
2限
10:40~12:10
保育相談支援 音楽表現Ⅱ 表現実践Ⅱ 保育内容総論Ⅱ
3限
13:00~14:30
子どもの食と栄養 児童館実習指導 卒業研究
(音楽ゼミ)
保育の心理学Ⅱ  
4限
14:40~16:10
  教育相談 おだたん
人間成長講座Ⅱ
教育の方法と技術  
5限
16:20~17:50
         

授業科目内容紹介

グループで行う授業が多く、チームワーク力やプレゼン力を磨き、社会人基礎力を伸ばします。
学生が学ぶ授業科目の内容をご紹介します。

音楽表現

オルフやリトミックの教育方法をもとに、リズムやさまざまな楽器、音楽的要素を用いた表現遊びを学びます。歌唱、演奏する楽器の音を通して、身体を動かしながらリズム感を身につけます。同時に遊びに必要な設営環境や幼児、児童の支援方法も実践的に習得します。音楽の基礎理論、声楽、さまざまな楽器の演奏技能や、子どもとの接し方、音楽の利活用をグループごとに実践し、考えていく授業です。

身につく力

発声や楽器演奏の技術を身につけさまざまな音楽遊びの展開ができるようになります

言語表現

子どもたちを前に演じることを想定し、絵本、紙芝居、ストーリーテリングに焦点をあてて演習を行います。人形劇にも触れます。

身につく力
子どもの言語活動を豊かに展開する力が身につきます

家庭支援論

「子育ての機能」が低下している現状や変化、社会的背景、関連分野の実践、法体系、子育て支援サービスについて学習します。

身につく力
家庭の意義や機能、子育て支援体制を理解し、実践する力が身につきます

サービスラーニング

専門知識をもつ保育者をテーマに、ゼミ単位で追究します。フィールドワークを多く取り入れ、実践的に学びます。

身につく力
専門知識と課題解決に向けた実践力が身につきます

表現実践 -食育と調理-

本学の特色を活かし、食物栄養学科の先生の指導で進めます。子どもの食と栄養を考え、実践していく力を育みます。

身につく力
保育者としての視野を広げ仕事の幅を広げる素養を身につけます

学生同士みんなの前で披露する体験は
実践力を磨くチャンス

私の短大生活

「保育実習」の授業では、実際の実習に向けて、学生同士が先生役・園児役となりみんなの前で絵本の読み聞かせや折り紙などを教えます。
最初は緊張し照れもしますが、お互いに刺激し合って実践力を磨きます。この体験を通して自信も芽生えました。

おだたんの魅力

プレ実習を経て学外実習に臨み、段階を踏んで体験できるので安心です。 保育士という目標は定まっていますが、具体的な進路はまだまだ検討中。 保育所と児童養護施設のどちらが自分に向いているのかしっかり実習で見極めたいと思っています。

TOP