食物栄養学科

学習のポイント

ゼミナールで
専門性を高めます

専門の教員のもとで深く研究。
少人数対話型の「ゼミナール」で
社会で必要とされる力を養います

専門の教員のもと学生が主体的に研究、発表、討論を行う授業形態がゼミナールです。
自分の興味や関心のあるテーマを深く掘り下げ、詳細を調べたり、実際に調理や実験実習を行いながら成果を導きだします。
少人数で話し合いながら課題に取り組むことで、コミュニケーション能力や課題解決力、発表力、思考力など、社会で必要とされるさまざまな能力が磨かれます。
地域や企業と連携したテーマが多いのも本学の特色です。

内田由佳ゼミ 保育園での「食育講座」
ゼミテーマの『栄養指導』では『人の行動を変えること』が目標です。保育園児に食事の楽しさと大切さを伝える食育講座を実施し、幼児が食と身体の関係を楽しく学ぶプログラムを開発&実践します。

ゼミで食育を実践。
やり遂げた達成感は
大きな財産に

日本と他国の離乳食を比較し、特色や利点などを紙芝居にまとめて説明した保護者向け講座や、5・6歳児対象の食育を行いました。
食と子どもに関わることは特に情報の信ぴょう性が大切という先生の言葉が印象に残っています。 目標をやり遂げた達成感はゼミでしか経験できないこと。
大きな財産になりました。

乳幼児向けの食育。
現状を知ることから
食育は始まります

「幼稚園・保育園での食育」がメインテーマです。
実際に学生は園に赴き、子どもたちとのふれあいや遊びを通して発達を理解することから食育は始まります。
横山さんは食事の大切さと楽しさを伝えるために、得意な絵を描いてカラフルで楽しい紙芝居を手作りするなど、工夫を凝らして前向きに取り組みました。

その他のゼミナール紹介

栗本公恵 ゼミ

体も「おいしい」料理を研究しよう
多種多様な食品が出回っている今日、安心・安全、おいしく、そして栄養的にも良い食品を知り、選択できることは大切です。食について、調べ・作り・食べる。おいしさを表現・開発することが目標です。

稲葉佳代子 ゼミ

食べることにハンディのある方の食事
食べることが困難な方に向けた食事づくりがテーマ。そのなかで興味を持つ学生が多いのが「食物アレルギー」。命にも関わる問題だけに、栄養士をめざす学生にとっては大切なテーマです。

中村眞樹子 ゼミ

私の地場産物利用
「地産地消」や「地場産物利用」とは何なのか。どんな取り組みがされているのか、どんな意味があるのか。現状を調査、考察し、小田原及び近隣の産物を活かした逸品料理やお菓子を作り上げます。

加藤陽子 ゼミ

季節に関わる行事食、郷土食ウォッチング
各小学校や施設等では、季節により行事食や郷土食を提供したり、育てた野菜等を調理したりして「食の楽しみ」を深めています。そこに目を向けて実際に現地に出かけ試食や体験し調査研究を深め学んでいきます。

中村弘行 ゼミ

美味しさを伝えるエッセイ
美味しさを伝えるフォトエッセイの書き方を実践的に研究します。生きるとは食楽(くら)すことです。自分のさまざまな美味しさ体験をフォトエッセイにして発表し合いましょう。

内山麻子 ゼミ

野菜を知ろう、野菜を食べよう
「高齢者の一人暮らしの方に野菜をおいしく食べてもらう」などテーマを設けて、野菜料理の基本を学び、おいしく簡単にできるレシピ作りを目指します。実習を通して、仲間とともに成長していきます。

TOP