保育学科

学習のポイント

ピアノ弾き歌いレッスンで表現力を育成

レベルに合わせてステップアップ。
充実したピアノ環境と教員のもと
保育現場に対応した教材で学びます

保育者に求められるのは演奏力だけではなく、ピアノを弾きながら園児と大きな声で明るく歌えることです。本学ではピアノ弾き歌い特別レッスンに力を入れ、実習や保育現場に対応した教材を使い、楽曲や音楽活動に取り組んでいきます。
一人ひとりのペースに合わせ、経験豊かな教員が丁寧に指導しています。

1年生のピアノ初心者・未経験者の割合

1 初心者でも
安心して学べる
“おだたん”では、ピアノの音階の説明や手の動かし方・置き方、指の開き方に至るまで、丁寧に指導していきます。安心して苦手克服を目指しましょう。
2 完全マンツーマンで
グレードアップ
授業とは別に一人ひとりのスキルにあわせた個人レッスンの時間を設けています。
個人レッスン室を使い、ほかの学生に気を遣うことなく、グレードアップを目指せます。
3 保育の現場で
活きる力の習得
音楽知識の基本や歌唱、打楽器演奏の習得など、音楽遊びの実践を通して、子どもの発達と「音」のつながりを学ぶと共に、保育における音楽実践力を身につけます。
入学前の初心者
ピアノ講座
読譜やピアノの練習方法の指導など入学までの課題の進め方についてアドバイスを受けます。
個々のレベルに
合わせた個人レッスン
音楽表現の授業とは別にピアノ個人レッスン(20分/1人)を設け、個人のレベルに合わせた丁寧な指導を受けます。
学内ホールでの
演奏発表を実施
子どもの前で実践する力を養い、自信をつけるとともに、ピアノ演奏や弾き歌いに関するポイントの指導を受けます。
実践力を身につけて
保育現場へ
保育現場に対応した音楽表現の実践力を身につけて、卒業後それぞれの現場で活かしています。

ピアノ初心者でも安心
上達が見えるのが嬉しい

ピアノは小学3年生の一年間習っただけのほぼ初心者。
楽譜も読めず最初はついていけるか不安でした。
個人レッスンは私のペースに合わせた丁寧な指導で、上達が目に見えるのが嬉しいです。また先生がうまく褒めてくださるのでやる気がでます。ピアノ実習室で自由に練習できるので積極的に活用しています。

音楽担当教員からのメッセージ

春は桜、夏は緑、秋は紅葉、冬は星空。
思わず空を見上げたくなる学舎で、夢を叶えませんか。
質の高い学びこそ小田短にあります。

望月 たけ美先生

音楽表現ⅠAB、ピアノ弾き歌い、表現実践Ⅱ、表現総合演習 など

“楽しい”は人に伝わり広がっていきます。
音楽を始め多くの楽しさを本学で見つけながら、保育者になる学びを深めていきましょう。

東元 りか先生

音楽表現Ⅰ

TOP