食物栄養学科

学習のポイント

ゼミナールで専門性を高めます

専門の教員のもとで深く研究。
少人数対話型の「ゼミナール」で
社会で必要とされる力を養います

専門の教員のもと学生が主体的に研究、発表、討論を行う授業形態がゼミナールです。
自分の興味や関心のあるテーマを深く掘り下げ、詳細を調べたり、実際に調理や実験実習を行いながら成果を導きだします。
少人数で話し合いながら課題に取り組むことで、コミュニケーション能力や課題解決力、発表力、思考力など、社会で必要とされるさまざまな能力が磨かれます。
地域や企業と連携したテーマが多いのも本学の特色です。

地産地消を通して、
食の豊かさに触れています。

私の地元の下田でもさまざまな海や山の食材がとれるので、地産地消に興味があり中村ゼミに所属しました。ゼミでは今度、小田原でとれた食材を使って真空調理をする予定です。まずは、ゼミのみんなで食材選びから。小田原にはおいしいものがいっぱいで迷っちゃいます。

食材についての知識を深め、
新しいレシピに挑戦中です。

所属する栗本ゼミでは、グループに分かれて新しいレシピ開発に挑戦しています。栗本先生は食に関する知識が豊富で、レシピ開発ではさまざまな面からアドバイスや工夫点などを教えてくださいます。まだ試作段階なので、どんなレシピができるかはナイショ。お楽しみに!

ゼミナール紹介

栗本公恵 ゼミ

体も「おいしい」料理を研究しよう
多種多様な食品が出回っている今日、安全・安心、おいしく、そして栄養的にも良い食品を知り、選択できることは大切です。食について、調べ・作り・食べる。おいしさを表現・開発することが目標です。

塩川雅史 ゼミ

しぼりたての牛乳でチーズづくりに挑戦
私たちは普段から牛乳を飲み、チーズやヨーグルトを食べています。ところが、牛乳は驚くほど不思議な液体だったのです。あの乳白色の正体は何?謎に包まれた牛乳の魅力を、いっしょに研究しましょう。

内田由佳 ゼミ

保育園での「食育講座」
ゼミテーマの『栄養指導』では『人の行動を変えること』が目標です。保育園児に食事の楽しさと大切さを伝える食育講座を実施し、幼児が食と身体の関係を楽しく学ぶプログラムを開発&実践します。

三浦由美 ゼミ

みんなの健康を衛(まもる)、公衆衛生学
遺伝、性格および生活習慣の違いによって、疾病になる者とならない者が存在する。発症という結果に、どのような原因が絡んでいるのか? 特に、栄養(原因)と精神状態(結果)についての因果関係を明らかにしていきます。

中村眞樹子 ゼミ

地産地消、地場産物利用を体験しよう
「地産地消」「地場産物利用」をキーワードに活動します。どんな取り組みがなされ、どんな意味があるのか、調査研究します。また、並行して、自らも「地産地消」を試み、料理やお菓子作りに取り組みます。

本藤亜美 ゼミ

発達と老化にともなう食の問題に取り組む
子どもから高齢者まで美味しく楽しく食べるために、栄養士として献立や調理面ではどのような工夫ができるのでしょうか。離乳食について、介護食について、アレルギー食について研究・開発をしていきます。

平井千里 ゼミ

「食事」で患者さんの体と心に寄り添う
病気と栄養の関係を学び、どのような工夫をすれば、食事療法を行っている患者さんにも「食べて嬉しい食事」を提供できるのか、ゼミ生全員で考えていきます。