食物栄養学科

学習のポイント

地域の中で学ぶプログラム

地域の企業や人々と連携して、
地域のなかで学ぶ機会が多いことが、
本学の強みです。

課題と向き合い、地域の人々とふれ合う体験が、社会に通用する実践力を養う近道となります。
栄養士としてのやりがいを一足早く実感する、実践的なプログラムを用意し、グループで行う体験や地域・企業との関わりで自分の成長を実感することができます。

おだたん食育村

子どもや保護者と一緒に調理し、地産地消や食事のバランスについて考え、食事の大切さを伝えるプログラムです。学生の手作り教材を用いた食育を行うなど、楽しく為になるイベントです。

適塩レシピコンテスト

小田原市や神奈川県、地域の企業と連携し、生活習慣病の予防に大切な適塩メニューを考えて提案します。コンテストで最優秀賞や優秀賞をとったメニューが小田原お堀端万葉の湯にて商品化されました。

OZ「オズ」(学園祭)

学園祭では日頃の調理の成果を実践し、食事やスイーツなど学生自身が考えたレシピを調理し、来場者の方々へ提供します。毎年行列ができる人気イベントです。

子育て支援フェスティバル

小田原市主催の親子イベントを通じ、地域と交流するイベント活動に食育をテーマにして参加します。子どもが釣り上げた紙のお魚の裏にはおいしい食べ方の情報などもあり、食物学科ならではのアイディアもいっぱいです。

ふくらん
たまごスイーツ
コンテスト

商品開発をとおして地域の福祉に貢献する

「こだわりたまごを使ったスイーツを作る」をテーマに、学校で学んだことからアイディアを練って参加します。

商品開発から商品化されるまでの経験を通じて、地域に貢献します。学生は、商品開発からプレゼンテーションまでを行い、自分が考えたスイーツが商品として市販されることもあります。
地域への実践的な取り組みを通じて、栄養士になるための貴重な経験を重ねることができます。

たまごスイーツコンテストの流れ

学生同士のアイデアブレスト
学生同士のアイデアブレスト
試作・調理
試作・調理
プレゼンテーション
プレゼンテーション
商品化
商品化