食物栄養学科

食物栄養学科のPoint

現場で活きる実践力を学べる
地域連携プログラム

様々な企業とコラボレーション!

地域社会に
貢献できる栄養士を目指す

地域の企業や人々と連携して、地域のなかで学ぶ機会が多いことが、本学の強みです。課題と向き合い、地域の人々とふれあう体験が、社会に通用する実践力を養う近道となります。栄養士としてのやりがいを一足早く実感する、実践的なプログラムを用意し、グループで行う体験や地域・企業との関わりで自分の成長を実感することができます。

地産地消!地元の食材を使ったメニュー開発

調理はとても楽しく勉強になります。

松田町の皆さんがつくね芋の栽培をされている風景

商品開発①とろろ牛飯

商品開発②海老真薯

Student Voice!

「松田町のつくね芋を使ったメニュー開発」
レシピすべてをみんなで考え、美味しくできたときの達成感が新鮮!
既存のレシピを見ずに、自分たちが作りたいイメージに向かってたくさん考え、班のみんなともアイデアを出し合いメニューを作りました!試食のときに美味しくできたときの達成感はとてもやりがいを感じます!

食物栄養学科/2年(福島県立須賀川桐陽高等学校 出身)