食物栄養学科(女子)

「食」と「食と健康の関係」に関するさまざまな知識と技術を習得し栄養・食品・調理・安全・給食の5つの視点から地域社会の「健康」を築きます。

アドミッションポリシー

  • 1自らの健康に関心をもち、生活習慣病など食と健康の関係について学びたいという問題意識をもっている人。
  • 2食や健康に関心があり、栄養士、栄養教諭になりたいと考えている人。
  • 3家庭科の食分野に興味をもった人。
  • 調理が大好き
  • 管理栄養士を目指している
  • 栄養コンサルタントになりたい
  • 食育に関わってみたい
  • 人の健康を考えてみたい

専門知識と技術を繰り返し学ぶ独自のカリキュラムで「調理に強い栄養士」を目指します

栄養士免許

栄養士免許の取得には、病院・小学校・福祉施設・事業所のいずれかにより1週間の学外実習が必要です。
病院、保育所、高齢者施設、保健センターなどの
臨床・福祉分野。また、食品メーカー、食品関連企業、サービス業、社員食堂などの食品産業分野。
その他にもマスコミ関係、地域の食生活改善活動など

栄養教諭二種免許

神奈川県内
短大唯一

この免許を取得するためには、栄養士免許の取得が必要になります。
栄養教諭として、小学校や中学校へ

健康管理士一般指導員受験資格

神奈川県内
短大唯一

日本成人病予防協会認定の資格。健康づくりを多角的に支援する人の育成が目的。指定科目の履修後、学内で資格試験を受験できます。
福祉・社会分野の企業全般、病院、
高齢者・福祉施設などへ

社会福祉主事任用資格

個人と社会をつなぎ、必要なサービスを提供します。社会福祉に関する所定の科目を修めて本学を卒業すると認められます。
社会福祉士として、福祉事務所などの分野へ

管理栄養士国家試験受験資格
(実務3年後)も目指せます

就職実績

約8割は栄養士として就職しますが、民間企業に就職する卒業生もいます。

■食物栄養学科 就職率 100%  ※2016年3月卒業生 就職希望者による実績 ■卒業生全体 就職率 97%  ※2016年3月卒業生sによる実績

就職サポート

学びのポイント

調理のできる栄養士を目指しながら食育に関わる実務知識を養成

POINT 1
「調理に強い栄養士を目指して」2年間・約200品を調理する実習で基礎から応用まで、技術をスキルアップ

「調理の“おだたん”」といわれるほど、本学の調理実習で体験する調理品目は多種多様です。また1年次の基礎から2年次の応用へ、切れ目なくステップアップして調理を学びます。素材の生かし方、健康に良い栄養の摂取、何よりも食べて美味しい調理の方法や技術を身につけます。

学びのポイント

POINT 2
豊かな知識と技術の習得を目指して「食」を、「健康」の視点から考え5つのテーマを柱に学んでいきます

栄養
栄養素の働きを学んだうえで、生命と健康を守る食事の重要性を理解します。

関連科目:栄養学入門/栄養学/ライフステージ栄養学/臨床栄養学概論/生理学/生化学 など

食品
食品中の各種成分や食材の知識を学び、実験により検証します。

関連科目:食品学/食品学実験/家庭でできる食品加工 など

安全
食を介して起こる健康障害を防ぎ、人の生命と健康を守るための知識と技術を学びます。

関連科目:食品衛生学/公衆衛生学概論/臨床栄養学実習 など

給食
食事・栄養管理、安全・衛生管理をはじめ、フードサービスを含めた知識と技術を学びます。

関連科目:給食計画演習/給食実務演習/給食管理実習/栄養士基礎実習/栄養指導Ⅰ・Ⅱ など

調理
おいしさを科学的にとらえ、調理技術の向上に力を入れます。

関連科目:調理学/基礎調理実習Ⅰ・Ⅱ/応用調理実習/総合調理実習 など

カリキュラム紹介

POINT 3
専門性を深め、発表力や思考力を養成する少人数対話型授業の「ゼミナール」

少人数ならではの授業がゼミナール。
ここでは自分の興味や関心のあるテーマを自ら設定し、専門の教員のもとで深く研究学習していきます。テーマを深く掘り下げ、調理や実験を行いながら成果を導き出していく授業です。同じ分野のテーマをもつ仲間との出会いも楽しみです。

特色ある学び

  • オープンキャンパス
  • 資料請求はこちらから