特色ある学び

講義とは違う「少人数対話型」のゼミナールでは、視野や知識の幅を広げ、思考力や発表力を養います。また講義で学んだ知識や技術に、就職してすぐに役立つ実践性を加えていくために地域と連携して「地域の中で学ぶ」機会も数多く用意しています。

ゼミナール

先生と少人数の学生グループが、テーマを決め、話し合いながら課題に取り組みます。
卒業前にはゼミ発表会で、その成果を発表。問題解決力やコミュニケーション能力を養います。

小田原地域の食材を使って、美味しくいただくレシピを考えながら、調理経験を積んでいくゼミです
中村ゼミは、「地産地消」をテーマに興味ある食材やメニューを考えていきます。小田原地域の食材の歴史的なことをふまえて研究を進めるので、入手し難い食材や、独特の風味をもつものなどさまざまです。美味しく食べるために、どう改善していくかなどゼミグループで考えて、調理まで行います。テーマという枠はありますが、自分の興味、関心のあることを自分たちで学んでいくことで、将来のための経験につながります。
中村ゼミのポイント
中村先生は厳しいけど、自分たちのやりたいことを経験させてくれます。いろいろなことにチャレンジでき、自分に自信を感じさせてくれる先生です。
自分のやりたいことで社会に触れ存在感のある栄養士になってほしい
テーマ私の地場産物利用
中村眞樹子ゼミ「地産地消」や「地場産物利用」とは何なのか。どんな取り組みがされているのか、どんな意味があるのか。現状を調査、考察し、小田原及び近隣の産物を活かした逸品料理やお菓子を作り上げます。
Message
テーマである「地産地消」から、「食べもの」「食べること」「地域」に興味をもち、どうしたら美味しく食べることができるかを考え、関心を持ち実践してくことを学びます。
私から課題を与えるのではなく、学生自身がやりたいことを見つけ、答えを導き出すことを目指します。小田原駅の「ジューススタンド」と連携し商品やジュースのレシピ開発にも協力しました。こうした活動を通して社会と触れあう機会を学生に与えていくことを考えています。
受験生へのメッセージ
オープンキャンパスではゼミ生と一緒にお菓子作って食品について学び、チームワークの大切さも体感してください。お待ちしています。
体にも「おいしい」料理を研究しよう
栗本 公恵 ゼミ
多種多様な食品が出回っている今日、安心・安全、おいしく、そして栄養的にも良い食品を知り、選択できることは大切です。食について、調べ・作り・食べる。おいしさを表現・開発することが目標です。
食べることにハンディのある方の食事
稲葉 佳代子 ゼミ
食べることが困難な方に向けた食事づくりがテーマ。そのなかで興味を持つ学生が多いのが「食物アレルギー」。命にも関わる問題だけに、栄養士をめざす学生にとっては大切なテーマです。
微生物で食品を作る
村山 力 ゼミ
微生物のなかでも食品に関係した発酵食品の分野を対象に調査・研究を進めます。ヨーグルト、みそなどの一般的な食品のほか、小田原特産の梅、湘南ゴールド(果実)などからパン発酵用の酵母を分離する研究も行っています。
季節に関わる行事食、郷土食ウオッチング
加藤 陽子ゼミ
各小学校や施設等では、季節により行事食や郷土食を提供したり、育てた野菜等を調理したりして「食の楽しみ」を深めています。そこに目を向けて実際に現地に出かけ試食や体験し調査研究を深め学んでいきます。
美味しさを伝えるエッセイ
中村 弘行 ゼミ
美味しさを伝えるフォトエッセイの書き方を実践的に研究します。生きるとは食楽(くら) すことです。自分のさまざまな美味しさ体験をフォトエッセイにして発表し合いましょう。
野菜を知ろう、野菜を食べよう
内山 麻子ゼミ
「高齢者の一人暮らしの方に野菜をおいしく食べてもらう」などテーマを設けて、野菜料理の基本を学び、おいしく簡単にできるレシピ作りを目指します。実習を通して、仲間とともに成長していきます。
保育園での「食育講座」
内田 由佳ゼミ
ゼミテーマの『栄養指導』では『人の行動を変えること』が目標です。保育園児に食事の楽しさと大切さを伝える食育講座を実施し、幼児が好き嫌いなく食べるようなプログラムを開発& 実践します。

地域と連携した実践的な学び

ふくらんプロジェクト┃たまごスイーツコンテスト

「こだわりたまごを使った商品を作る」がテーマのプログラム。食物栄養学科の学生が自由な発想で、さまざまなアイデアを練って参加しました。

実際の仕事に触れることで職業意欲とやりがいを感じてもらうプログラム
地域活性化取り組みへの参加は、商品開発や販売を経験するだけでなく実際の業務を体験できる機会です。また行政やマスコミも積極的に巻き込むことで障害者福祉への関心を高める貴重な体験の場になります。学生はエントリーから商品開発、プレゼンテーションまで行いました。その中で将来へつなげるために、福祉とその仕事に興味をもってほしいと考えています。

ふくらんプロジェクト

食育実践プログラム┃おだたん食育村

子どもと一緒に調理し、地産地消や食事バランスについて考え、食事の大切さを教えていく独自プログラム。栄養教育実習前に行い、実習に自信をもって臨むプレ体験にもなります。

栄養士として一足早くやりがいを実感する、実践的なプログラム
食育村は地元の方と一緒に料理しながら「食」について学ぶ場です。例えば子どもが素材のこんにゃくが嫌い!でも一緒に調理することで食べてみる興味を与えるなど、作ることや食べることを通して食の楽しさを伝えることを知ります。子どもから高齢の方までさまざまな人と触れあえる食育村は、栄養士を目指す学生にとって良い経験になります。

食育実践プログラム

好き嫌いをなくす
美味しい食事作りを体感します
子どもと接する仕事がしたいという夢と美味しいものを美味しいと言っていただくこと。その両方の目標実現のために“おだたん”の食物栄養学科で学び、将来は保育園の栄養士になりたいと考えています。食育村ではお年寄りだけでなく、お子さんも参加し、食事だけでなくさまざまな遊びや演劇など一緒に楽しみます。この地域活動での経験は必ず将来に活きるものと思います。

幅広い方々との触れあいはコミュニケーションも学べます
将来、病院の栄養士を目指してこの短大を選びました。“おだたん”の雰囲気は私をいつでも笑顔にしてくれます。人とのコミュニケーションの大切さも、“おだたん”が気づかせてくれました。食育村という地域の中での活動は幅広い年齢の方々と、触れあいます。お話を理解し気持に応えること。この経験を将来に活かすためにいつも笑顔を心掛けます。
  • オープンキャンパス
  • 資料請求はこちらから