カリキュラム紹介

講義だけでなく、実験・実習系の科目も多く取り入れたカリキュラムが特色です。
グループで行う授業も多く、信頼関係やプレゼン力、コミュニケーション能力まで磨きます。

食物栄養学科の時間割

食物栄養学科の時間割

おだたん実践的科目内容紹介

栄養学入門
栄養士を目指す人にとって基礎となる栄養学。自分の食生活を振り返り、身近な食を通じて栄養素の理解を深めます。

身につく力

献立・料理・食品と栄養素との関係を理解します

栄養指導
ライフステージ、ライフスタイルに応じた栄養指導のあり方、方法を修得します。

身につく力

食を通して、人々を健康な生活に導く手法を身につけます

基礎調理実習
食材は「調理」することによって「料理」になります。配膳、試食を通して、食事の基本的なマナーも習得します。

身につく力

計量、包丁の使い方、だしの取り方など調理の基礎的な知識と技術をマスターします

生化学実験
糖質やタンパク質などの食物中の栄養素は、生命を維持するために欠かせません。実験を通じて、生体成分の性質を理解します。

身につく力

体内における栄養素の消化や代謝について理解します

給食計画演習
特定多数の人に継続して食事を提供する給食の食事・栄養計画を学習し、業務に必要な帳票類の作成方法を学びます。

身につく力

献立の立案方法や、大量調理機器の使い方を身につけます

保育学科の先生による授業も受けられます★
保育について学び子どもの心がわかる栄養士の基礎を築きます
保育学科の先生が、子どもの心理学や保育園・幼稚園での様子を教えてくれます。いつもとは違う専門的な知識に触れることで、視野を広げ、就職の道を広げることにつながります。

  • オープンキャンパス
  • 資料請求はこちらから