HOME学科紹介保育学科在校生の声

学科紹介

保育学科

在学生の声

子どもたちの自由な発想を育み才能を引き出す保育士に。
昔から自分で何かを作り出すことが大好きな私にとって、「児童文化」での授業「素話(すばなし)」は、とくに印象深い授業です。自分で本を暗記し、それをみんなに話して聞かせるのですが、実際に人が目の前にいると、間違えたり噛んだり、記憶が飛んだりすることも。そんな時、詰まらずに、自分なりのことばと工夫でお話をつなぐという作業は、とてもテンションが上がる楽しい経験でした。このような、自分で何かを自由に創りだす喜びを子どもたちに与えたい。子どもたちの発想力やイマジネーションを引き出し、育める保育士になろうと授業を通じて決心しました。

すべての先生が優しくあたたか 嫌いな先生は一人もいません。
難しい内容なのに集中して学べているのが、虐待などを取り上げる「社会的養護原理」です。担当の先生は驚くほど親切な方。パワーポイント、穴埋め形式のオリジナルのプリントなど、学習意欲を高めてくれる教材は、アイデアと工夫がいっぱいです。黒板の字は大きくわかりやすく、対応もていねい。集中できるので、1時間はあっという間です。「視聴覚教育」の授業は、いつも私たちの話に耳を傾け優しく見守ってくださいます。叱ったり、「かんばれ」と励ましてくれる先生も素敵ですが、「共感」して導いてくださる先生が多いのも小田短の魅力です。

実習を体験をして

保育所での体験
母園での実習は特別の経験でした
最初は子どもたちの行動に戸惑うばかり。
慣れるにつれて、先生同士のチームワークの大切さを実感できたことが一番の収穫でした。

幼稚園での体験
実習期間中に担任も体験しました
責任実習として、1日だけ担任を体験。
「自分が楽しくないと子どもは楽しくない」という保育者の言葉にドッキリ。元気よく一緒に楽しむことが大切。

児童養護施設での体験
生活をともにする施設実習は楽しい!
施設での保育士の役割は、日常生活を一緒に楽しみながら、子どもの心の支えにもなれること。
施設での毎日が貴重なものでした。

オープンキャンパス・資料請求のお申し込み、お問い合わせ先

【お問い合わせ 月~金 9:00~17:00】0465-22-0285

  • オープンキャンパス
  • 資料請求

オープンキャンパス

大学見学受付中

普段のキャンパスをご覧になりたい方は平日の大学を見学に来てください。事前にご連絡いただければ、入試係がご案内いたします。

実施時間:平日AM9:00~PM5:00

0465-22-0285

遠方にお住まいの方へ

おだたんムービー