HOME大学案内学長メッセージ・沿革

大学案内

学長メッセージ・沿革

学長メッセージ

実践的教養と職業的能力を身につけた女性を育成します。

本学は、神奈川県西部と静岡県東部の地域の女性の高等教育を担うことを目的に、小田原女子短期大学として約60年前に誕生しました。
そして、本学で学生さんたちが2年間学ぶことで、人としての実践的な教養や職業人としての専門的な知識や技術などの力を備えた女性を育成しようと教育してまいりました。卒業生は、これまでに12,000人を超え、栄養士や保育士、幼稚園教諭などとして、地元の小田原や近隣の地域はもちろんのこと、全国各地で活躍していて、その実績が認められているところです。
また、本学の特徴でもある小規模校ということを生かして教育をしておりますので、授業をはじめ学園生活全般を通して教員と学生さんたちとの温かい交流を図ることができます。その中で、学生さんたちの自主的で責任ある生活態度が形成されています。
そういった実績を基盤に、社会の緊急課題となっている保育士や幼稚園教諭の確保にさらに貢献するために、本学では平成26年度からは保育学科において通信教育課程による保育士や幼稚園教諭の養成をすることにいたしました。なお、通信教育課程は男女共学ですので、小田原女子短期大学は平成26年度からは小田原短期大学と校名を変更して、小田原短期大学としての新しい時代をスタートさせます。
小田原短期大学の2年間は、きっと皆さんの成長が図れる2年間になるものと思いますので、是非本学で学んでみてください。

学長 小沼 肇

学長 小沼 肇

プロフィール&研究業績

創立58年のあゆみ

昭和32年設立、創立58年の歴史ある短大

1957(S32年)3月 学校法人小田原女子学院設立
1957(S32年)4月 小田原女子学院短期大学家政学科設置
1958(S33年)4月 栄養士養成施設として指定
1960(S35年)11月 小田原女子学院短期大学を小田原女子短期大学に改称
1969(S44年)4月 小田原女子短期大学附属保育専門学校設置 保母養成校として指定
1971(S46年)1月 附属保育専門学校 幼稚園教諭養成機関として指定
1972(S47年)4月 小田原女子短期大学幼児教育学科設置
1978(S53年)2月 学校法人小田原女子学院を学校法人小田原女子短期大学に改称
1979(S54年)5月 小田原女子短期大学附属保育専門学校を小田原女子短期大学附属保育学院に改称
1987(S62年)3月 小田原女子短期大学附属保育学院を廃止
2005(H17年)3月 栄養教諭二種免許状授与の課程認定(家政学科)
2006(H18年)4月 小田原女子短期大学既設両学科の「入学定員及び名称変更」
2007(H19年)10月 創立50周年
2011(H23年)9月 収益事業開始 (小田原市子育て支援センター管理運営事業者の指定 )
2014(H26年)4月 小田原女子短期大学を小田原短期大学に改称
2014(H26年)4月 保育学科通信教育課程設置
2015(H27年)3月 短期大学基準協会による第三者評価にて適格認定

オープンキャンパス・資料請求のお申し込み、お問い合わせ先

【お問い合わせ 月~金 9:00~17:00】0465-22-0285

  • オープンキャンパス
  • 資料請求

オープンキャンパス

大学見学受付中

普段のキャンパスをご覧になりたい方は平日の大学を見学に来てください。事前にご連絡いただければ、入試係がご案内いたします。

実施時間:平日AM9:00~PM5:00

0465-22-0285

遠方にお住まいの方へ

おだたんムービー